洗濯機のおすすめ 「縦型」と「ドラム式」選ぶべきポイントを家電オンチがレビュー!

⬅1日1回クリックお願いします!

洗濯機のような大きな家電は、パンフレットや店頭で見るだけでは、実際に使ってみたときに「思ってたんとちゃう!」率が高い気がします。はい。家電オンチな私です。

そして、家電のレビューといえば、家電マニアが選ぶ!とか、現役量販店の店員さん厳選!などなど・・・。家電オンチのレビューが知りたいぞ!と私が叫んでおります。

産後びっくりすることの一つに、洗濯回数が増えることではないでしょうか?

私はそれこそ一人暮らしのときは週1で足りましたよ。それが子供が生まれてから一日一回以上洗濯機を回してます。

私の知り合いは産後、洗濯機を回す回数が増え、水道代がめちゃくちゃ跳ね上がり、水道屋さんが水道管の破裂を疑って訪問されたそうです🤣産後あるある!

洗濯機は一度買うと10年ほど使い、あまり買い替える機会がないので、この記事の需要がない気がしますが、産後お世話になる家電No.1の呼び声高い洗濯機の選び方問題について、実際に使用した洗濯機をもとに、あえての家電オンチな私がレビューしたいと思います!

スポンサーリンク

縦型?ドラム式?乾太くん?

実家の頃は二層式洗濯機にはじまり、縦型洗濯機を経て、最後はSANYOのドラム式でした。我が家はほとんど外干しでした。雨の日も家の中に干していたので、乾燥機を使った記憶がほとんどなく、なんでドラム式を買ったんだろ?と思うくらいでした。

一人暮らしをしていた時は、縦型の洗濯機を使っていました。価格もローモデルで使用感について、びっくりするような変化球もなく、特段不満はありませんでした。

しいて言うならメーカー保証が切れた1年ちょっとで壊れたことです。いや泣ける。1年とちょっとよ?なので、泣きながらメーカーに交渉して何とか交換をしてもらいました。(この話はまたにします)

ひとり暮らしをする前に、上京したての頃、シェアハウスに住んでいました。そこでは、縦型洗濯機」&「乾太くんでした。これはもう本当に便利でした!!!

田舎から出てきた私は東京の干すスペースのない狭さに驚愕しました。(シェアハウスだから特にね)。そのため縮む恐れのあるニット以外はすべて乾太くんにお任せしていました。洗濯が終わったら乾太くんに入れる。ふわっと仕上がるし、むちゃくちゃ便利でした。

今から考えると、「縦型洗濯機」&「乾太くんが最強なのですが、当時はまだ「ドラム式が最高なのでは?」と思っていました。そのため結婚して新居には「ドラム式にしよう!」と決めました。ドラム式は値段も高いですし、衣類がきれいになるイメージがありました。そして乾燥機もついている!シェアハウスで出会った乾太くんを想像してです。雨の日は本当に困っていたので「乾燥機のために」買ったようなドラム式でした。 

購入したのは日立のドラム式

ドラム式洗濯機の2大巨頭といえはパナソニックと日立。私が見に行った家電量販店の売り場はまさにそんな感じでした。店員さんにはパナソニックが汚れもよく落ちるのでおすすめとゴリ押しされましたが、そこはあまのじゃくな私。良いと言われる逆が欲しくなり、日立を購入しました。

ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム スリム BD-S8800 です。

当時値段も安かったというのも理由です。

けどその当時の私に教えてあげたい。その日立のドラム式洗濯機は長年後悔するぞと・・・。

日立のドラム式乾燥機はなぜか匂う

日立のドラム式乾燥機の一番のナゾ。それはずばり「空冷除湿方式」ではないでしょうか・・・。2021年8月までに発売された機種の乾燥運転時の除湿方式は空冷除湿方式 または水冷除湿方式か選べる仕様になっています。そしてデフォルトの工場出荷時は空冷除湿方式 です。これ、どういうことかというと、乾燥運転中に、排水ホースから湿気(温風)を出して冷やす方法なんだそうです。

なので!排水溝の下水の匂いがするんです!2021年8月以前の日立の洗濯乾燥機をお持ちのユーザーの皆様!なんか匂うな、、、やっぱりおひさまの下での天日干しが一番よね、、、なんてお思いでしたら、設定を見てみてください!私はTwitterでこの情報を知りました。ありがとうツイッター😭

そんなわけで、知らずに長年匂いに悩まされておりました。以前実家で使っていたSANYOのドラム式では乾燥しても匂いませんでした。日立のこの仕様何だったんでしょうか?泣

乾燥機のためにドラム式にしたのに、長年乾燥機を使うことができませんでした。

節水のせいで予備洗いが必要に・・・

後悔ポイントその2はずばり!節水です。これは、購入時は「節水?大歓迎!環境やお財布にも優しいわ!」なんて思っておりました。

しかしですね、あんまりきれいにならないんですよ・・・。ほんとうに。

特に夫のエリそで汚れとか。日に日に増していきます。洗濯本当にできてる?って頭かしげながらずっと使ってました、はい。ストレスですよね。

しまいには洗濯機に入れる前に毎回ていねいに時間をかけて予洗いをしていました。何してんだろ・・・。時短になると思って買ったドラム式洗濯機なのに、こんなに時間をとられている・・・と。。

節水は誰のため?

お洗濯のプロは皆さん水量が大事とおっしゃっていますね。水量多めが良いそうです。

なのに、我が家の日立の洗濯機は水量の設定もできないんです!洗濯の量を計測してから、後から水量を増やすボタンがないんですよね。これは痛かった・・・。なので常に洗濯機にお任せ、節水モード。

お洗濯のプロは、きれいに洗いたかったら水量を増やすように言ってる。なのにこの洗濯機は節水・・・。

え?

じゃあ節水って誰のためなの?ってなりますよね。

私は「節水」とは、販売員さんや営業さんのためにあるものだと思っています。これは洗濯機に限らず、他もの(例えばシャワーなど)にも当てはまります。

商品を作っているメーカーが気にしなければいけないことは、売れること。そしてクレームが出ないこと。

売るのは販売店さんです。その方々に受けるワードが節水などの売り文句なのではないでしょうか。そして消費者からクレームが出ない程度ギリギリの設定でいかにコストを下げ、「売れる商品を販売するか」が大事なんだと思います。なので節水自体が私たちの生活を必ずしも便利で豊かにしてくれるものではないと実感しています( ・ิω・ิ)キリ! 言っちゃった💦

脱水後に扉を開けると毎回水滴が落ちる

毎回洗濯機から洗濯物を取り出すために開ける扉から水滴が垂れるので、それを拭く。これぞもなき家事」

こういう小さなこと、ストレスですよね・・・。

ユーザーに選ばせる反オート機能

自動コースにしても選ばなきゃいけないんです。もうこれ本当に嫌です。

例えば脱水だと「弱め」「ふつう」「しっかり」の3パターンが用意されています。皆さんならどれを選びますか?松竹梅の理論で日本人なら安定の「ふつう」を選んじゃいません?

ちなみに私は冷蔵庫も日立なのですが、冷蔵や冷凍の温度をこちらも安定の「弱」「中」「強」の3パターンをユーザーに選ばせる仕様になっています。

標準があんまり標準じゃない

そしてここからが日立の罠。「しっかり」を選ぶと衣類が傷みそうな気が。なのでだいたい「ふつう」にしていましたが、最近扉の水滴がいやで「しっかり」を選ぶようになったのです。するとあることに気づきます。あれ?しっかりってほかのメーカーでいうところの標準じゃないかな?って。あー!!メンドくせ!毎回3択なんて聞いてこないで、自動で洗濯機が見極めてよ!だってあなたの名前は自動洗濯機でしょ!?

そんなわけで、乾燥機が使えない汚れ落ちも悪い開けたときの扉の水滴ユーザーに選ばさせるのがイヤというのが、日立のドラム式洗濯機の感想でした。良いところが本当にない(´;ω;`)

パナソニック縦型洗濯機との出会い

先日夏休みで実家に帰省しました。すると洗濯機が以前のものから新しくなっていました。以前のSANYOは10年以上選手でしたからね。

パナソニックのNA-FW100K9です。

実際に使ってみて、とても良かったので、レビューします!

自動機能が充実

液体洗剤・柔軟剤 自動投入

液体洗剤ならここに投入すれば、毎回洗濯機が量を計測し、自動で洗剤の量を決めてくれます。超便利!の一言です。

実家では合成洗剤を使用していました。赤ちゃんがいるので、優しい石けん洗剤派の私は毎回手動で投入していましたが、途中からこの機能には勝てんと合成洗剤を受け入れました。それほど便利です。我が家はちなみに普段は緑の魔女を愛用しています。

洗剤も場所を取らない詰め替え用を買えば良いので、その点もよかったです。こういうフタつきのものが便利。

この機能で面倒なのは、しいて言えば我が家のように家族内使う洗剤が違う場合や、洗剤の種類を変更するときが少し面倒。ということくらいでしょうか・・。

静か

「いつの間にか洗濯が終わってる!」というのが感想。本当に静かでした。以前のSANYOはもっと「今洗濯機回ってます!」感がすごかったような記憶が・・・

この動画は「すすぎ」なのですが、とても静かです。脱水もほぼ変わらずこんな感じでした。(音が出ます!)

ガヤガヤした家電量販店などの店頭では気づきにくい盲点かと思いますが、毎日使う洗濯機の静かさって本当にストレスフリーで大事なポイントです!

水滴のストレスがない

脱水ばっちりです。気になる水滴も本体にほとんどついていません。

洗濯終了直後、洗濯物を取り出した後です。

それなのに、脱水後の衣類が絡まりすぎない点もよかったです。

糸くずフィルターのお手入れが簡単

今使っている日立のドラム式のフィルターに付くゴミの処理が本当に大変です。こびりつく仕様です。この目地に本当にゴミがたまる!

100均セリアで売ってる糸くずフィルターは5枚入りで110円・・・。すぐ真っ黒になるし、底の部分の汚れにしか効かず、断念。通販にもいろいろありますが、似たようなものです。

表面に見えるフィルターでこんな汚いんだから、内部はどんな恐ろしいことになっているのかと想像しただけで怖いです😨

ところがパナソニックのフィルターはこんな感じです。これが2つついていて本当にお手入れ簡単でした。

洗濯槽の中に2つあります。取り外しもかんたん。

カパッとフタを開けると、写真でいうと右の白いフラットな部分に糸くずなどがたまっていますので、処理もラクラクでした。

乾燥は時間がかかる

乾燥機能も付いていて、雨の日は助かりました。ただ、私が気になったのは、結構時間がかかります。

量にもよると思いますが、けっこうな量を入れると3-4時間くらい?かな?カンタ君なら、おそらくこの半分以下の時間かな?感覚です。すみません。

乾燥で気になった点は、途中でもし中身を取り出したくなった時、洗濯槽が高温のため冷ますまでロックがかかってしまう点です。約20-30分待ちました。すぐに取り出せません(泣)

乾燥で気になった点は時間がかかる点と途中で取り出しする場合待たなければいけないという二点です。仕上がりはとてもいい感じで満足でした!

中が見えないのでスッキリ

これは好みによると思いますが、私は洗濯機が回っているのを見るのが好きなタイプなので、フタはシースルーが好みです。

中身が見えるタイプというのは、インテリア的には機械的な印象になるので、スッキリ見せたいなら、中身が見えないタイプがおすすめです。

我が家の洗濯機は中身が見えないタイプでした。とってもスッキリした印象です。

あと内蓋はこんな感じ

縦型のパナソニックは超優秀!

結論!こちらの縦型のパナソニックは超優秀でした!自宅に戻ってきて、日立の洗濯機を回すたびに、買い換えたいなと思うようになってる自分がいます🥺

ここに余裕があればプラス乾太くんを設置!夢の洗濯ライフの誕生です。

洗濯は毎日のことで、家事の中でも結構な重労働です。少しでも洗濯機選びのお役に立てたらうれしいです!

この記事を書いた人
みなみ

外資勤務会社員。現在東京都内で二人の乳幼児を子育て中の30代。多忙な会社員生活の中で、自身の妊娠をきっかけに「産後オタク」と化して女性のライフスタイルの中で重要な産後について考え始める。好奇心たっぷりの筆者が実際の経験をもとに自分と家族がラクになるコツ&産後の「これが知りたかった!」情報をわかりやすく発信中。

みなみをフォローする
買ってよかったもの
スポンサーリンク
ポン・デ・好奇心
タイトルとURLをコピーしました